2015年01月09日

映画鑑賞録 2014

boyhood02.jpg


2014年に観た映画は以下のとおり、

『パリ、ただよう花』 ロウ・イエ監督
『ある精肉店のはなし』 纐纈あや監督
『ブルージャスミン』 ウディ・アレン監督
『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』 ファビアン・コンスタン監督
『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン監督
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 アレクサンダー・ペイン監督
『アクト・オブ・キリング』 ジョシュア・オッペンハイマー監督
『her 世界でひとつの彼女』 スパイク・ジョーンズ監督
『イヴ・サンローラン』 ジャリル・レスペール監督
『物語る私たち』 サラ・ポーリー監督
『フランシス・ハ』 ノア・バームバック監督
『ジャージー・ボーイズ』 クリント・イーストウッド監督
『レッド・ファミリー』 イ・ジュヒョン監督
『アメリカの夜』 フランソワ・トリュフォー監督
『馬々と人間たち』 ベネディクト・エルリングソン監督
『メビウス』 キム・ギドク監督
『6才のボクが、大人になるまで』 リチャード・リンクレイター監督

以上17本。これに加え、いまさらだけど、自宅で園子温監督の『愛のむきだし』を観た。13年から劇場に足を運ぶようになり、去年もそれなりに観ることはできたかなと。

自分が結婚したせいか、映画を観ながら家族について考えることが増えた。夫婦や家族の関係を描いたそ作品が多かったのかもしれない。という意味で、『物語る私たち』や『6才のボクが…』は印象深い。作品の力でいうと、やはり『ジャージー・ボーイズ』だけど、『ネブラスカ』の、あの過激なまでの地味さ、ラストの車窓からの眺めも捨てがたいなとか。振り返るといろんな気持ちを思い出す。今年は、できれば観た作品ごとに記録していきたい。
posted by Ken-U at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(その他の国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。