2015年02月26日

「さらば、愛の言葉よ」 次元の狭間で

Adieu_au_langage_1.jpg

2015年2月10日(火)

『さらば、愛の言葉よ』
監督:ジャン=リュック・ゴダール
原題:Adieu au langage
場所:シネスイッチ銀座

初の3D体験はゴダールで。
Adieu_au_langage2.jpg

2Dと3Dの間を行き交う、さらに時空を越える映像世界に言葉を失う。男女の諍い。流血。森。犬。睡魔と戯れる時間帯もあったけれど、でも心地よかった。もう言葉は聞きたくない。ずっと映像を眺めていたい。犬が可愛いかった。
posted by Ken-U at 16:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414703209

この記事へのトラックバック

ゴダールを理解できるか・・・
Excerpt: 12日のことですが、映画「さらば、愛の言葉よ」を鑑賞しました。 人妻と独身の男が出会い、愛を確かめ合い、その後言い争いをする 一方、町中や自然の中を犬がふらふらと歩いていた。季節は移り変わり、再会を..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-04-24 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。