2007年05月20日

「恋愛睡眠のすすめ」 恋に、そして妄想に溺れる

ミシェル・ゴンドリー監督 『恋愛睡眠のすすめ』 (シネマライズ)
原題:『LA SCIENCE DES REVES (THE SCIENCE OF SLEEP)』

妄想癖のある男がパリに移り住むと、そのアパルトマンの隣室に女が引っ越してくる。そして妄想がどこまでも膨らんでゆく。

la_science_des_reves00.jpg本当は創造的な仕事がしたいのに、新たな職場に出向くと、聞いた話とは違う恐ろしく退屈な作業を与えられた。これでは話が違う、といっても彼らは聞く耳を持たない。絶望的な気持ちになり、ふとあたりを見回すと、こちらの様子をこっそり伺っていた「同僚」たちが、その視線を各々のデスクへと落とす。淡々と作業を進める彼らの風貌は、どこか人間離れをしていて、薄気味悪い。彼らは、何を思いながら、この殺人的に平坦な時間をやり過ごしているのだろう...疲れ果て、部屋に戻った男は、意識が遠のく自覚もないままに自分の妄想世界へと還っていくのだった。

彼は、夢と、妄想と、現実の世界を分け隔てることなく、いや、その区別をうまくつけることができず、それぞれの境界を緩やかに越えながら、七転八倒、思い悩み続ける。自分が欲しいもの、恋しく思うもの、それが隣の女なのかどうかさえ判然としない。それでも、わけのわからない衝動は容赦なく彼を襲い続け、彼の意識を混乱に陥れる。彼は、おのれの妄想に溺れ喘ぎながら、女に助けを求めているだけなのかもしれない。

*****

男の無様な姿がとても滑稽に描かれていて、よく笑えた。とても笑いどころの多いコメディーなのだけれど、喜劇と悲劇が絶妙のバランスで溶け合っていて、最後には切なさが心の深いところに染み入ってくる。とても魅力的なのだが、無闇には人に薦められない、というか、薦めずにそっと隠しておきたくなるような作品である。

この作品の魅力に深みを与えているのは、主人公ステファンの同僚であるギィの存在だと思う。 ギィは、冴えない風貌をしたいわゆるエロおやじで、口を開けばすべてを性愛につなげてまくし立てるような中年男である。出会った当初は、彼はいかにも浅はかで下品な会社人であるようにみえる。そして彼は、自分は創造的な人間ではないのでこの世に痕跡を残すことに執着はしない、とステファンにいう。ステファンは、ギィの価値観には否定的である。しかし、ステファンはなにかとギィを頼るし、ギィもステファンを受け入れ、彼の相談に乗る。ふたりの会話はそれでもすれ違いがちなのだが、言葉を交わし続けるうちに、どちらの価値観が浅はかなものなのかが判らなくなり、次第にギィの存在感が増していく。さらには、ステファンが暴走して職場を放棄してしまった後、ギィが黙ってその尻拭いをこなすのである。ギィがみせるこの態度は示唆に富んでいる、とまではいわないが、強く印象に残る。

*****

すべてを引き裂きながら膨張を続けるこの宇宙の中に、ステファンとステファニーが結ばれるための余地は残されているのだろうか。せめて彼らが70歳になる頃までに、この世界の新たなあり方が示されればいいのだけれど。それまでの間、ステファンは、あの無様なふて寝を無限に繰り返さなければならないのかもしれない。
posted by Ken-U at 17:30| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ken-Uさま、こんにちは。
人に薦めたくない、隠しておきたい。でも誰かに話してみたい。まるでいい夢をみた後のような気分ですね。
Ken-Uさまがこの作品を気に入られたようで、実はとてもうれしいのでした。
ではでは。
Posted by 真紅 at 2007年05月30日 22:24
真紅さん、コメントありがとうございます。

この作品、予想以上によかったです。もっと若かったらラストでじんわりきたかもしれません。実はGW中に観たんですが、劇場はほぼ満席で、かなりうけているようでしたよ。DVDが出たら、また観てみようかなと思ってます。
Posted by Ken-U at 2007年06月02日 00:22
こんにちは、Ken-U。TB&コメントありがとうございました。

私も、この作品はメイン二人だけでなく、職場の同僚ギィの役どころは
かなり意義深いように感じました。ただのエロおやじとして終わらせなかった
ところが良かったですね。
前作『エターナル・サンシャイン』も癖の強い作品だったのですが、今回は
監督の私的な部分が多分に反映され、さらに癖の強い作品だったと思います。
好き嫌いが相当分かれるとは思うのですが、私もKen-Uさんと同じく、
ステファンの滑稽さにたびたび笑ってしまいました。
Posted by 丞相 at 2007年06月02日 08:47
丞相さん、こんにちは。

なるほど、『エターナル・サンシャイン』よりこちらの方が癖が強いんですね。あちらの作品は脚本がチャーリー・カウフマンですし、監督の色がより濃く出ているのは本作の方だということなんでしょうか。『エターナル・サンシャイン』はすでに録画済みですので、時間をつくって観てみたいと思います。
Posted by Ken-U at 2007年06月02日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42343999

この記事へのトラックバック

夢の中へ〜『恋愛睡眠のすすめ』
Excerpt:  LA SCIENCE DES REVES  踊りましょう 夢の中へ  行ってみたいと思いませんか・・  父の死後、メキシコから母の住むパリに戻ったステファン(ガエル・ガルシア・..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2007-05-30 22:14

『恋愛睡眠のすすめ』〜求愛脳内反射〜
Excerpt: 『恋愛睡眠のすすめ』公式サイト 監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ガエル・ガルシア・ベルナル シャルロット・ゲンズブールほか   【あらすじ】(goo映画より)心機一転、新しいスタートを..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2007-06-02 08:38

恋愛睡眠のすすめ
Excerpt:  『夢ではどこまでも幸せ』  コチラの「恋愛睡眠のすすめ」は、パリを舞台にナイーヴなオタク青年の恋を、スウィートにファンタジックに描いた4/28公開になったラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-10-02 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。