2005年09月06日

「めし」 女のしあわせとは

成瀬巳喜男監督の「めし」を鑑賞。成瀬巳喜男の生誕100年を記念した特集が、NHK-BSで企画されている。24本の成瀬作品が放送予定。その第1弾がこの「めし」だった。1951年の作品。

meshi.jpg岡本初之輔と妻の三千代は、大阪市の南の外れにある、路地の入り組んだ長屋街に住んでいる。
夫の初乃輔は堅実な男として描かれている。冒頭で三千代から、株屋で株をやらないのはあなたくらいのものでしょう、と言われる。このセリフに、初乃輔の性格が集約して表現されているようだった。身なりは質素だけれども、靴にだけは気を遣っている。軽薄なところはないが、いい男(上原謙)だし、人あたりも優しいので女にモテる。かといって浮気心はない。軽薄な男達から持ちかけられる儲け話も断ってしまう。そんな男だ。

三千代は初乃輔と暮らす単調な日常にうんざりしている。初乃輔の給料が安いので、家計のやりくりが頭から離れることがない。こんな日常に埋もれたまま、人生が終わってしまうのではないか。そういう不安を抱えている。家事に追われる毎日から抜け出したい。そして自分の人生を取り戻し、謳歌したい。密かな願望を抑えながら、三千代は退屈な日常に耐え続けている。

そんな夫婦の家に、東京から初乃輔の姪にあたる里子が突然転がり込んでくる。里子は若くて美しく、奔放な性格を持っている。戦後の女性解放の流れに乗って、人生を楽しもうと生き生きとしている。
やがて里子と初乃輔の親しい仲に、三千代は心を乱されるようになる。そして単調な日常の中で保たれていた均衡は崩れ、夫婦の関係に亀裂が生まれてしまう。

*****

日常の中で起きる些細な事件を描いた作品。抑えた表現ながら、官能的なショットが散りばめられているのが印象に残った。原節子もとても色っぽく撮られている。初乃輔と里子の間の微妙な距離の描き方にしてもそう。当時の日本の男は静かに欲情したんじゃないだろうか。全体的に描き方が小津より記号的でなく、生々しい感じがした。特に男女の距離の描き方が。

物語としては、原節子演じる三千代が女の幸せを見つめ直す過程が描かれている。日常から離れ、東京の母親と妹夫婦が暮らす家に居候しながら、三千代はひとりで生き直す道を模索する。その障害になるのが、台風と共に再び現れる里子。しかし結果的には、三千代は里子のおかげで自分の道を見つけるんだけど。そして三千代の知り合いの未亡人の姿も、彼女の選択に大きく影響を与えている。

女性の解放が謳われる社会の中で、女が恋愛や結婚、そして仕事の間で揺れ動く。その姿には現在と通じるものがあるけど、状況はより難しいものになっている。


posted by Ken-U at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(成瀬巳喜男) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。