2005年09月10日

「放浪記」 それでも書き続ける女

成瀬巳喜男監督の「放浪記」を鑑賞。帰る場所のない女が、言葉を支えに生き延びていく様子を描いた物語。

horoki02.jpg行商人の娘として育った林ふみ子。彼女はふたりの父親を憎みながら育った。上京後、母親を田舎へ帰し、ふみ子は独りで生きていくことを決意する。

やはり男で苦労する。ふみ子を静かに見守り、尽くす定岡にはなびかない。美男で物書きの駄目男たちと恋に落ち、同棲し、結婚する。そして失敗する。

極貧から抜け出すこともできない。ぎりぎりの状況の中で生きるふみ子は、常に死と隣り合わせている。すべては終わると灰になるということを彼女は知っている。それでも生と死の境界を逞しく生き抜いてみせる。遊郭のすぐ側のカフェで女給として働く。夜、墓場を散歩する。原稿用紙を炎にかざしてみる。

言葉がふみ子を支えている。詩や童話を書いている。詩は学が無くても書けるからだ。言葉はふみ子の武器でもある。彼女は言葉で闘い、そして勝ち抜いていく。

なんだか泣ける作品。伊達がふみ子の詩を読むだけのことで泣けた。

*****

成瀬巳喜男は少年時代から金で苦労したらしいけど、それがどの作品にも投影されている。金と情愛。そして芸術。映画は彼にとってかけがえのないものだったんだろうな。


posted by Ken-U at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(成瀬巳喜男) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。