2007年12月09日

「SECRET SUNSHINE」 主なき世界を生きる

イ・チャンドン監督 『SECRET SUNSHINE』 (TOKYO FILMEX)

女は、息子を連れて夫の故郷に移る。その街の名は密陽といった。

secret_sunshine00.jpg女がその街に来たのは、在りし日の夫が故郷に移り住むことを望んでいたからだ。彼女は、夫の身代わりとしてその街で自活することにより亡き夫との絆を保とうとしている。そこに自分の人生の意味があるのだと彼女は固く信じているのだ。しかし、彼女は車をうまく運転することができない。考えごとをしながらハンドルを握るとうっかり人を轢きそうになるし、路上でエンジンの調子が悪くなってもなす術がなく、助けをじっと待つしかない。都会的な匂いを残す未亡人にやさしく手を差し伸べようとする男は多いのだが、自分が信じる人生の意味を守るために、彼女は極力他人の手を借りずに生きようとする。しかし人生における不確実性は、彼女に主の不在を痛感させる。

彼女は二重の意味で主を失ってしまう。夫を亡くし、夫の不在を埋める存在として信じた神からも裏切られてしまうのだ。それまで信じていた人生の意味すべてを失った女の目に、この世界はどのように映るのだろう。この作品は、彼女がすべてを失い、その後、この世界と新たな関係を築くために第一歩を踏み出すまでの過程を描いている。目に見えるものだけがこの世のすべてなのだろうか。この人生になにか特別な意味はあるのか。この世を生き延びるために絶対的な主は必要なのだろうか。本作が映像を通して投げかける問いは深く重く、すぐにその答えを求めることは難しい。とはいえ、それらは人生のある局面で誰もが突きつけられるものばかりである。

意識を引きつけて離さない濃い映像と、重く難解なテーマを扱っていながら娯楽性を保つ巧みな脚本が素晴らしく、韓国映画らしいとても力強い作品に仕上げられている。上映後に行われたイ・チャンドン監督とのQ&Aも含め、答えの出ない多くの問いについて考えるよい機会になったが、それが答えを出せない問いであったがゆえに今ここで言葉にできることは限られている。本作は太陽を主の象徴として扱っていたけれども、沈黙を守り続ける太陽の背後にはきっと多くの秘密が隠されているのだろう。
posted by Ken-U at 20:09| Comment(6) | TrackBack(5) | 映画(その他の国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ken-Uさん、こんにちは。こちらにもお邪魔します。
自分は夫の不在というよりも、「父の不在」を強く感じました。
言葉にできなかったり、答えのでないこと、即ち「目に見えないこと」について描き出した映画だったと思います。

イ・チャンドン監督との質疑応答に参加されたのですね。
監督は、とても厳格な方だと感じているのですが、実際の印象はいかがでしたか?
よろしければ教えて下さい。ではでは!
Posted by 真紅 at 2008年06月11日 14:34
真紅さん、コメントありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

「父の不在」ですか。ぼくはシネと父親との間にあった確執について見落としていました。となると、夫は父の不在を補う存在だったのでしょう。しかし、彼女の夫にも問題があったし、なにより妻と子を残して先に死んでしまった。そうして独り残されたシネが、太陽の位置からこの世を見下ろす絶対的存在である神に依存する気持ちもわからなくはありません。彼女が求める「おとこ性」はヴァーチャル化していく。そしてその一方で、彼女は近寄ってくるリアルな男を遠ざけようとします。

「父の不在」と「おとこ性の排除」による現代女性の生き辛さ。この作品は、シネの姿を通してこの世界が抱える息苦しさのようなものを描こうとした作品なのかもしれませんね。
Posted by Ken-U at 2008年06月14日 16:51
Ken-Uさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございました。
私はネットで監督のQ&Aを読んだのですが、監督は、
人が困難に直面したとき、そこに何らかの意味を見い出す態度
そのものが「宗教的」であると語っていますね。
私はもろもろの困難に対しては、いたって現実的に処理するタイプ
なので、この作品が『オアシス』ほどのインパクトを受けなかったの
だと思います。

『シークレット・サンシャイン』と同じような物語の日本映画として、
ちょうど今は『ぐるりのこと。』が公開されています。
私は成瀬巳喜男に通じる作品の雰囲気を感じたのですが、
私よりずっと成瀬作品に造詣が深いKen-Uさんがご覧になれば、
どのような印象を抱かれるのでしょうか。
よければ『ぐるりのこと。』もご覧になってみてください。
Posted by 丞相 at 2008年06月14日 23:47
丞相さん、コメントありがとうございます。

遭遇する困難が極端に不合理であるとき、人間はおのれの非力に気づき、超越的な力への信仰へと心を大きく傾けるのかもしれません。

丞相さんのブログを拝見して、『ぐるりのこと。』が気になりつつあります。たしか、イ・チャンドン作品との出会いも丞相さんのお薦めがきっかけだったなあ、なんてことを思い出したりもしました。
Posted by Ken-U at 2008年06月15日 02:39
Ken-Uさん,こんばんは はじめまして
「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななと申します。
DVDでこの作品を観て深い感銘を受けました。
>目に見えるものだけがこの世のすべてなのだろうか。
>この人生になにか特別な意味はあるのか。
>この世を生き延びるために絶対的な主は必要なのだろうか。
監督さんが投げかけてくる問題はそこなのですね〜。
私は実はクリスチャンなのですが
この作品で描かれている神や信仰や赦しなどのまさに答えの出ないテーマについて
主人公のシネの気持ちも実によく共感できました。
シネほどではないにせよ,神に怒りや幻滅を抱いた体験はあります。
それでも神の存在は否定できない・・・信者のジレンマのようなものも描かれていたように思いました。
今年一番心に重く残る作品となりました。
長々と失礼いたしました。
Posted by なな at 2008年12月28日 20:22
ななさん、コメントありがとうございます。

ななさんはクリスチャンなんですね。ということは、この作品を観ていてとても複雑な想いがしたんじゃないかと想像します。超越的な力を持つものが自分の外部に存在する。という考え方には一長一短あるんでしょう。そうしたものの考え方は、人間を自由にもすれば、不自由にもするのだと思います。きっと、そうした答えの出ないテーマに思い切りぶつかっていく姿勢がこの作品の魅力なんですよね。

この作品は、僕の心にも深い痕跡をのこしています。いい映画だと思います。
Posted by Ken-U at 2008年12月28日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71889529

この記事へのトラックバック

陽だまり〜『シークレット・サンシャイン』
Excerpt:  SECRET SUNSHINE  密陽  若くして未亡人となったシネ(チョン・ドヨン)は、ソウルから亡き夫の故郷・ 密陽へ、一人息子のジュン(ソ...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-06-11 14:27

『シークレット・サンシャイン』〜大いなる俗物〜
Excerpt: 『シークレット・サンシャイン』公式サイト 監督:イ・チャンドン出演:チョン・ドヨン ソン・ガンホ ソン・ジョンヨプ チョ・ヨンジン キム・ヨンジェほか   【あらすじ】(goo映画より..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2008-06-14 23:34

【2008-141】シークレット・サンシャイン
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? ふりそそぐ陽射しを どれだけ浴びたら あなたの悲しみは 消えてゆくのだろう
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-06-25 21:53

シークレットサンシャイン
Excerpt: ★★★★ 夫と息子を亡くしただけでも大変な人生なのに、その後の展開がとーっても複雑で、映画鑑賞って精神的パワーが必要だなと思っちゃった。 ドーンと来る作品だった。 暗くて重たいけどいい映画だと思う。シ..
Weblog: 映画初日鑑賞妻
Tracked: 2008-06-30 00:54

シークレット・サンシャイン
Excerpt: DVDで鑑賞。今年のシメにこれまた凄い作品を観てしまった・・・。心にずしんと響く作品だ。人間であることが辛くなってしまうような・・・・そんな厳しい現実を,容赦なく,つきつけてくる作品。それでも不思議と..
Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記
Tracked: 2008-12-28 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。