2005年10月01日

成瀬巳喜男特集のまとめ

生誕100周年を記念して放送された、NHKの成瀬巳喜男特集。たしか24本の作品が放送されたと思う。そのうち10本以上の成瀬作品を、ぼくは鑑賞したことになる。これほど集中して、同じ作家の作品を鑑賞したのは初めてだったけど、とてもいい経験になった。夢中になってしまった。出会ったタイミングも良かったと思う。この年齢で観たから感じられたものも多かったはずだ。

今回鑑賞した作品の中で、とくに心を動かされたのは「乱れる」、「乱れ雲」。この2本については、感動するというよりも、胸を抉り取られるような感覚を覚えた。観ていて呻き声が出てしまうような作品は、そうないと思う。
あとは、「晩菊」が良かった。地味な作品だけど、悲喜劇的な演出を通して、人間が持っている心の柔らかさが魅力的に描かれていたように思う。
林芙美子の原作ものでは「放浪記」。この作品には泣かされた。言葉の力だけを支えに生き延びようとする女。その姿に、成瀬巳喜男の想いが重ねられているような気がした。
もちろん彼の代表作、「浮雲」も忘れてはならない。集大成的な位置づけの作品だから、成瀬を知るために1本だけ作品を観たいという人には、この作品を薦めることになるだろう。

敗戦後、急速に変容するこの国の影の部分。引き裂かれ、消え去っていく、儚くて美しいものたちを執拗に描き続けた成瀬巳喜男監督。ぼくは彼の思想というよりも、彼が私的に背負っていたものや、その生い立ちに興味が向いてしまう。

*****

この特集を通じて、半世紀前の日本の姿を垣間見ることができたような気がする。まだ路地の舗装が行き届いておらず、木造の家屋が建ち並んでいるような世界。僅かに残されていた社会の柔らかさが、そこに表されているような感じがした。
成瀬作品が娯楽映画として成立できたのも、日本人の心の中に柔らかさのようなものが残されていたからなんだろう。多くの人々が、表層の先にある奥深いものを汲みとりながら、心を動かしていたんだと思う。

「戦後」が終わったとされ、日本経済が発展を遂げる中で、社会の硬質化が進んでいく。そして映画産業にも翳りがみえ始める。こういった社会の変容にあわせるように、成瀬作品にも鋭さが増していった。その変化を眺め、今を眺めながら、未来について想いをめぐらせた。これからも機会をみつけて、成瀬作品を鑑賞したいと思う。

以下に、成瀬作品に関するエントリーをリンクしておく。

2005/09/30 「女の座」 庭の石を描く
2005/09/27 「流れる」 狭間に立つ柳橋
2005/09/22 「乱れ雲」 そして引き裂かれる
2005/09/21 「乱れる」 そして掻き乱される
2005/09/20 「浮雲」 戦後日本が滅ぼしたもの
2005/09/15 「おかあさん」 静かな家庭崩壊劇
2005/09/12 「成瀬巳喜男 記憶の現場」(ドキュメンタリー)
2005/09/10 「放浪記」 それでも書き続ける女
2005/09/08 「晩菊」 金が引き裂くもの
2005/09/07 「妻」 怖い女に翻弄される男
2005/09/06 「妻よ薔薇のやうに」 金と情をめぐる家族の絆
2005/09/06 「めし」 女のしあわせとは

後日追加:
2006/01/26 「驟雨」 紙風船のような
2006/01/27 「妻として女として」 自滅する父権的共同体
2006/01/27 「女の中にいる他人」 境界を越えてしまった男
posted by Ken-U at 17:22| Comment(7) | TrackBack(2) | 映画(成瀬巳喜男) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。私も今回の成瀬特集。懸命に追っかけたものの、漏れが沢山あったのが残念無念…
でも、Ken-Uさんイチオシの作品が見られたことが、ふつふつと嬉しかったので、トラックバックさせてくださいね
Posted by noho_hon at 2005年10月03日 09:05
noho_honさん、コメントありがとうございます。

当初は10本以上も観ることになるとは思いませんでしたが、観ているうちに、もう止まらなくなりました。
あと1,2本録画したままの作品があると思うので、機会をみて鑑賞したいと思ってます。
Posted by Ken-U at 2005年10月03日 11:45
成瀬特集は私もはまりました。
ただ、成瀬に感動したのか、林芙美子の言葉に感動したのか、ちょっと微妙だったのですが。。。
ついつい東京国立近代美術館フィルムセンターまで足を運んでしまいました。
Posted by yoshiko at 2005年12月14日 12:13
yoshikoさん、コメントありがとうございます。

『放浪記』を観ていると、そういう気がしますね。林芙美子の言葉と、高峰秀子の演技、そして成瀬巳喜男の演出が見事に重なり合っているんだと考えるようにしています。

『放浪記』でふみ子が暮らしていた家は、いまぼくが住んでいる場所のすぐ近くなんです。とても縁を感じる偶然なんですが。ふみ子が歩いた墓地もすぐ近くにあります。ぼくも東京国立近代美術館フィルムセンターに行ってみたいですね。ネットでサイトをチェックしたりはしてるんですけど。
Posted by Ken-U at 2005年12月14日 14:52
私も世田谷の『「放浪記」はここでかかれた』と書かれた記念碑(?)のあるお寺の側で育ちました。
近所なのかな?
あの映像を見ていると、私が生まれるずっと前の景色なのに、成瀬映画の多摩川の様子がとても懐かしい気がしました。
Posted by yoshiko at 2005年12月14日 16:43
その記念碑とは、ぼくが見慣れたものかもしれませんね。ちなみに、その画像が下のリンクにあります。とてもいい場所なんで、気に入ってますよ。
http://in-prep.seesaa.net/article/8503422.html
Posted by Ken-U at 2005年12月15日 01:53
まさに。。。
お散歩中にすれ違っているかもしれませんね♪
Posted by yoshiko at 2005年12月15日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7565160

この記事へのトラックバック

成瀬巳喜男監督のメロドラマ
Excerpt: 放映順ではないけれど、偶然、『乱れ雲』、『乱れる』の順にみたせいか、すっごく共通した部分と(タイトルも似てるけれど、相手役が加山雄三で、禁断の関係、ってあたりが一緒)違う部分が垣間みえて、なかなかに興..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2005-10-03 09:06

稲妻
Excerpt: 皆さん、今晩は。 ただいま公開中、東京国立近代美術館フィルムセンターで催されている生誕百年特集 映画監督 成瀬巳喜男の『稲妻』を見て来ました。 映画監督を志しながら、フィルムセンター初..
Weblog: 自主映画監督のBlog
Tracked: 2005-10-21 01:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。