2008年01月06日

年末年始の欧州リーグ

イングランド・プレミアシップ 第20節

エバートン vs アーセナル

arsenal07122903.jpg結果だけみると、先制されたアーセナルが見事な逆転劇をみせたかのようなスコア。まあ実際、その通りの試合だったわけだけれども、ただ、前半をみる限り、まさか後半になってあんな展開になるとは思いもしなかった。

前半は完全にエバートンがペースをつかんでいた。アーセナルは、2トップの布陣を引いたせいか中盤でボールをうまくつなぐことができず、かといってトップにボールを収めることもできないままエバートンの猛烈な圧力を受け続け、苦戦を強いられた。この前半をみる限り、ハーフタイムに、あるいは後半早々に、せめて機能しないトップの1枚だけでも交代して体制の立て直しを図るべきだと思えたのだけれど、ここはさすがベンゲル、彼はひとりも選手を交代させることなく試合の流れを変え、この画に描いたような逆転劇を演出してみせた。しかも、同点、逆転弾を決めたのは、それまで存在感のなかったトップのエドゥアルドだったのである。さらに、後半途中から投入されたアデバヨル、ロシツキが、それぞれ出場して3分、5分後に追加点を決めるというおまけまでついた。ベンゲル采配、恐るべし。

***

イングランド・プレミアシップ 第21節

アーセナル vs ウエストハム

arsenal08010100.jpg前半開始早々にまたもやエドゥアルドがゴールを決め、アーセナルがいきなり試合の主導権を握った。対するウエストハムは、好調の続くアーセナルになす術がなく、目の前で回されるボールを懸命に追いかけはするのだけれど、だからといってそこからなにかを起こすだけの力はなく、そうこうしているうちに、アデバヨルがカウンターから超人的なゴールを決め、勝負の決着をつけた。

1トップのフォーメーションが機能を低下させつつあることを察知したベンゲルは、前節から2トップを採用し、中盤でボールをこまかく回すだけではなく、手数をかけず簡単に前線へとボールを運ぶことも選択肢に入れるようになった。今節もロング・ボールからカウンターを決めているし、このシフト・チェンジはとてもうまくいっていると思う。

***

M. ユナイテッド vs バーミンガム

怪我から復帰したパク・チソンに注目した。彼は、怪我明けとは思えない豊富な運動量をみせたが、やはりまだ試合勘を取り戻しきれていないようで、微妙なポジション、タイミングのずれ、肝心なところでの空振りなどが目についた。しかしもう数試合、連続で先発することができたらもっと仕上がってくるのではないかと思う。ところで、テベスのあのおしゃぶりはいったいどこから出したのだろう。ルール的に、ありなのだろうか。まあ、楽しいからいいのだけど。

***

リバプール vs ウィガン

ラファ・ベニテスの慌てふためく様子が強く印象に残る試合だった。サッカーは不確実性のスポーツであるので、あらゆることが起こりえる。だから、終盤に不測の事態が起きたとしても不思議はない。しかしベニテスは、後半途中に勝利を確信してしまったため、追加点を入れるための仕掛けを怠った。後悔先に立たず、といったところだろうか。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第18節

マヨルカ vs バルセロナ

内容は酷かったが、結果としてはバルサが順当に勝利を収めている。マヨルカは、大久保が在籍していた頃とは見違えるほどいいチームになっていて、全体がよくオーガナイズされているように感じた。しかし残念ながら、タフな状況下でゴールを決められる選手がいない。一方のバルサには、決められる選手がいる。その差が結果に結びついた。

***

ヴァレンシア vs レバンテ

クーマンはひょっとするとファンハール・タイプの指導者なのかもしれない。ここ最近のヴァレンシアをめぐる報道を眺めていて、そう思うようになった。もちろんここでいう「ファンハール」とは、「最悪の監督」という意味を持つ。ファンハール同様、オランダ人であるクーマンが監督に就任して以降、カニサレス、アングロ、アルベルダのベテラン3選手が構想外となり、チームから追放されている。ヴァレンシアのダッチロール状態はしばらく続きそうだ。

サッカーの内容でいうと、ゴールが遠い。これまで17試合33失点のレバンテ相手に得点を挙げることができなかったのだから事態は深刻だ。いまのヴァレンシアでクーマンが採用している4-3-3は機能するのだろうか?サイドからボールを放り込んでビジャ、というパターンには無理があるような気がするし、あと、中央が弱い。アルベルダの不在が響いている。

***

今日で正月休みが終わる。今回は9連休と長い休暇だった。長かったが、とくにこれといってなにもできないだらしのない休みだった。明日からまた会社だ。今年こそは、会社のことも少しはここに書き留めるようにしたい。会社に復帰して、もうすぐ1年8ヶ月になる。


posted by Ken-U at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。