2005年10月18日

リーガ・エスパニョーラ 第7節

秋雨。肌寒い。でもトシのせいか、季節の移り変わりに対してカラダの反応は遅れ気味のような。トマトやきゅうりには惹かれなくなってきたけど、キノコや根菜に対する食欲がまだそれほど湧かない。しかしながら、昨晩は牡蠣を和風にソテーしてやった。旨かった。そんないろいろの中で3試合弱を観戦。

Jリーグのレフェリーは酷いと思うことが多いけど、スペインのレフェリーもどうだかって感じがする。ただ、必ずしもレフェリーだけのせいじゃないかもしれない。日本とスペインで共通するのは、選手がころころと転ぶこと。ファールをもらうためにすぐ倒れる。レフェリーを欺こうとする。これが試合の足を引っ張ることが多いように思う。それにしてもカードを出しすぎるのはなんとかしてほしい。
例えば、プレミア・リーグではそういうシーンが少ない。というのも、観客がそれを許さないからだ。ダイブする選手はファンから支持してもらえない。だからファールの判定をめぐる揉め事が少ないし、試合の流れもスムースになる。フットボールに関わる人々が、この「流れ」をとても大切にしている。

*****

マドリッド・ダービーは開始からわずか6分で終わってしまった。ラウールに対するアントニオ・ロペスのファールによって、レアルはPKを得た。そしてアントニオ・ロペスにはレッド・カードが!ここでレッドはないだろう。ダービー・マッチは選手のモチベーションが過熱気味になるから、序盤の判定はとくに重要なものになる。そこで杓子定規な判定を下すのは野暮というものだろう。というか、このファールはレッドに値するような悪質なものではなかった。訳の判らない判定で、せっかくのダービー・マッチがぶち壊しだ。去年のナビスコ・ファイナルを思い出した。開始早々ジャーンに突きつけられたレッド。くだらん。これ以降、ぼくはTVの画面に眼をやることはなかった。

barcelona_051017_01.jpgそしてバルセロナ。確実に調子は上がっている。ロナウジーニョの得点なんか脳内麻薬がどどっと分泌された。去年のいけいけバルサを思い出した。しかし失点が多い。どのチームもサイド・バックの裏を狙っている。当分はこの試合のような打ち合いが続くかもしれない。これでヨーロッパを勝ち抜けるんだろうか?とくにトーナメント戦は難しそうだ。どう修正するんだろう?

その点、やっぱりバレンシアは良質でバランスのいい試合をする。最終ラインにはアジャラ、中央にはアルベルダとバラハ。そしてなんといっても左のビセンテ!
ビジャ、アイマールにルフェテを欠く布陣でも安定した戦いを見せていた。次節はレアルと対戦。これは楽しみだ。判定をめぐる因縁も多いこのカードが盛り上がるのは必至。ダービー・マッチにも劣らないテンションで戦ってくれるだろう。FC東京もバレンシアを見習ってほしいところだ。見てないだろうけど。


posted by Ken-U at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。