2005年10月19日

「ジャマイカ 楽園の真実」 美しい夢の世界の影

ステファニー・ブラック監督の「ジャマイカ 楽園の真実」を鑑賞。水曜日は1,000円。
原題は「LIFE AND DEBT」。太陽の楽園、リゾートの国ジャマイカの影を描いたドキュメンタリー。

数年前に一緒に飲んだ女の子がレゲエ好きで、いつかはジャマイカに移住したいと話していたのを思い出した。眩しい太陽と青い海。そしてクールな音楽。セクシーな男と女。彼女にとっては夢のような世界に思えたんだろう。ぼくはその話に頷きながらもいろいろなことを考えてしまった。

life_and_debt.jpg1962年にイギリスから独立したジャマイカ。しかし経済的に独立するには至っておらず、国の財政はIMF(国際通貨基金)の融資に大きく依存している。その依存の程度がどのくらいのものかというと、国家予算の52%がその返済に充てられているという現状から推測することができるだろう。

IMFはただ貧しい国に融資をするだけではなく、厳しい条件を突きつける。「痛みを伴なう構造改革」を要求するのだ。その改革によって、国内の農業や工業、教育・医療などの公共事業が壊滅的な打撃を受けてしまう。そのかわりに、欧米からマクドナルドなどの大手企業が進出する。さらに、安価な農作物や食肉が大量に輸入されるようになる。ジャマイカの人々が食い物にされている様子が、はしゃぐリゾート客との対比の中で描かれている。

*****

個人的に興味深かったのは、「フリー・ゾーン」の映像と、そこで働く人たちのナマの声だ。これは貴重な映像だった。
フリー・ゾーンとは、海外の大手資本を誘致するための経済特区で、作品の中では巨大な縫製工場が紹介されていた。有刺鉄線つきの高い塀に囲まれた工場の中では、多くの人々が縫製作業に追われている。その材料は、アメリカから特別な経路を辿って運び込まれているので関税の適用外になっている。そして仕上がった商品は、再びアメリカへと運び戻される。この事業からメキシコ政府へ税金が納められることはないのだという。そういった意味での特区なんだろう。ここでは「トミー・フィルフィガー」や「ブルック・ブラザース」のブランド名をカメラが捉えていた。

ここで名前のあがったブランドに限らず、現在のファッション業界で幅を利かせている巨大SPAの舞台裏は似たようなものなのだろう。大手でなくても、同じようなビジネスモデルを採用する企業が増えているというのがぼくの実感だ。とても安くてファッション性を備えた商品が市場に溢れるようになったけれども、それを支えているのは低い生産コストであり、その背景には、奴隷のように働かされている多くの人々がいるという事実を忘れてはならない。

終盤、フリー・ゾーンで働く人々が異議を唱えている様子が映し出される。やがて、そこではストライキや暴動が発生する。すると新たな労働力として、数百人のアジア人労働者が施設に運び込まれる。それでも状況が改善されないと判断した企業側は、工場を売却し、さらにコストの安い別の国へと去っていく。米企業が去った後に残されるのは多くの失業者だけだ。去った企業はメキシコやハイチなどで、同様の設備を構築する。そこが駄目なら、また次の国を探すだろう。それがグローバル経済というものだから。

*****

富める者がさらなる豊かさを追求するのは、国家や企業単位だけではなく、個々人のレベルでも同じだしな、と考えた。これは人間の本性なんだろうか。

ボブ・マーレーが死に、それ以降のレゲエのスタイルは大きく変わってしまった。ジャマイカ人といえば、腰をぶるんぶるん振りながら毎晩パーティーでもしてそうなイメージがついてしまったような気がする。あの移住したがってた女の子はジャマイカにたどり着けただろうか。もし移住が実現しているとしたら、そこで彼女は何を見てるんだろう。
posted by Ken-U at 16:31| Comment(2) | TrackBack(3) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。
国家予算の半分近くを、IMFに返済せざるをえなかったわけですね。

現在は、IMF依存を、脱却したと聞いていますが、どういう方法でそうしたのか、あるいは、批判をかわすために、別の借款システムに振り分けられたのか、知りたいものです。
Posted by kimion20002000 at 2006年04月13日 16:12
ジャマイカはIMF依存から脱却してるんですか。南米では脱却できている国があるように聞いたこともあるんですが、どうやってそれが成されたのか、という情報はあまり見かけませんね。中南米とアメリカの関係が今後どう変わっていくのか、とても興味があります。
Posted by Ken-U at 2006年04月13日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

   スゲェ ぶろぐ を 発見 !
Excerpt:    Nice to meet you. .    とつぜん失礼。 . ------------------------------------------------ .      レゲ..
Weblog: ”Mind Resolve”
Tracked: 2005-10-22 13:39

NO.139「ジャマイカ楽園の真実」(米/ステファニー・ブラック監督)
Excerpt: かつてのバビロンの支配者のように、 IMFの重役は傲慢で憎々しげだ。 ドキュメンタリー映画とは? ステファニー・ブラック監督はいう。 「目に見えないものを形にみせ、言葉にならない言葉をメッセージとし..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-04-13 00:48

映画『ジャマイカ 楽園の真実』でIMFの問題を知る
Excerpt: ■IMF(国際通貨基金) 通貨と為替相場の安定化を目的とする国連の専門機関。本部はワシントンD.C. 国際情勢だの経済だの、そういう方面にとんと疎いブログ..
Weblog: 身近な一歩が社会を変える♪
Tracked: 2010-04-08 23:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。