2005年11月09日

「北斎展」 江戸の辺境を覗き見る

『北斎展』 (東京国立博物館)

初期の作品から晩年のものまで、約500点もの作品が展示された大規模な展覧会で、ぼくは北斎のことはよく知らないし、浮世絵のことも分からないのだけれど、分からないなりに楽しむことができた。

*****

hokusai01.jpg北斎は様々な技法を消化し、自分の画の中にとり入れている。自分が属していた流派の様式はもちろんのこと、とくに「葛飾北斎」と名乗るようになる以前に、遠近法などの西洋画の技法を大胆にとり入れているのが意外だった。しかも、その画のタイトルに仮名を使い、それもアルファベット風に見えるように、文字を横向きに倒して書き込んでいる作品もあった。これは独自の様式を確立させるための試行錯誤なのだろうけれど、そこからまた日本的な平坦な絵画に戻るところが面白く感じられる。

あと、この展覧会を通して最も興味をひかれたのは、描かれている対象が社会の辺境に存在しているものばかりであるところで、河べりや湾岸、寺院、街道、見世物小屋、そして遊郭などの境界的領域に生きる人々の姿が生き生きと、あるいは艶かしく描かれている。美人画で描かれているのは吉原の遊女や通りで客を引いている夜鷹と呼ばれる女性たちで、そのほかにも、漁師や職人、僧侶、力士、役者といった境界的領域に生きる人々の姿が繰り返し描かれている。こうした作品は、当時どう捉えられていて、どのような人々に支持されていたのか、そうした社会的な背景にも想いがめぐってしまう。

また、職人と絵師との繋がりという点では、櫛などのデザインの雛形となる絵手本が展示されていて、それが興味をひいた。当時はこういった絵手本を、職人向けに販売していたようだ。ただ、当時は美術とデザインの区分などはなくて、絵師もある種の職人だと見做されていたのだろうから、これは職人同士の横の連携だと捉えた方がいいのだろう。「葛飾北斎期」に読本の挿絵を多く描いたのも、物書きという職人との連携という背景があったのだと思われる。

人物画以外では、鳥や魚などの動物や、海、瀧や街道などの風景、そして霊峰富士が多く描かれている。ただ境界的領域を描くという意味では、春画の展示がなかったのは残念だった。別室でこっそりと展示するのも粋だと思うのだけれど。

*****

作品を眺めながら痛感したのは、自分が和服のことをあまりにも知らないということで、描かれている人々の服装から、当時の社会的位置づけなどの背景を読み取ることができないのが口惜しかった。中世から近世の日本人の服装がどういうもので、それがどういった変化を遂げたのか、そうしたことを少しは知っておくべきなのかもしれない。自分は和服とはまったく切り離された世界を生きている、という事実も再認識させられた。
posted by Ken-U at 22:32| Comment(8) | TrackBack(7) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ken-Uさん、こんにちわ。Ken-Uさんも北斎展を御覧になったんですか? 無性に嬉しかったのでトラックバックさせてくださいね(本編と余談を2つ送ったのですが、うまく操作できず、同じものが二重に送られてたら削除しておいてくださいね)
描かれた対象が、うんと幅広いってことも、私も印象に残った部分です。
(やはり、北斎には春画も手がけてたんですね(^ー^;)ゞ)
改めて、北斎展が膨らみをもって感じました。ありがとう
Posted by noho_hon at 2005年11月10日 08:51
noho_honさん、コメントありがとうございます。

北斎が描く世界や駆使する技法の幅広さには驚かされますね。それに、年老いても作品が枯れないというか、より濃密になっていくところに凄みを感じました。

北斎の作品は必ずしもお上品なものではないという感じたので、やはり春画コーナーがあったほうがいかがわしさが増して良かったのかもしれませんね。
Posted by Ken-U at 2005年11月10日 11:49
Ken-Uさん、こんにちは。

やっと北斎展いく事ができました。
人生50年とかそんな時代の90歳ですから、
ものすごい「スーパーじいさん」ですよね。

私も春画は無いんだーと思ったのですが、
お子さん連れも結構いましたんで、
それはそれでよかったかなー。
Posted by 石井 けん at 2005年11月28日 01:56
石井けんさん、コメントありがとうございます。

長い人生の中、最晩年まで精力的に活動し続けた北斎は、まさに「スーパーじいさん」ですね。会場に展示されている作品を眺めていると、その情熱が伝わってくるようでした。しかし、脚がかなり疲れましたが。
Posted by Ken-U at 2005年11月28日 11:21
こんにちは、はじめまして。
私も北斎展にいってきました。混雑を押しても行って見て本当によかったと余韻に浸っています。
Ken-U さんの、北斎が社会の境界に生きる人々を描いていることへの視線は私に新しい感想をもたらしてくださいました。
この展覧会で北斎の人生に興味を持ち、伝記本を取り寄せることにしました。
春画関連に関しても、その大らかさと美しさに、現在の日本での性の扱いと引き比べてあれこれ思いをめぐらしています。
とても実りの多い展覧会だったと思います。
Posted by Voyage at 2005年12月04日 14:18
Voyageさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

当時は賤視されていたであろう人々の姿がガラスの向こう側に並べられていて、現代人がそれを眺めながら美しさを感じている。そんな状況がとても面白かったです。
ぼくも北斎の生い立ちには興味があります。謎に包まれる部分が多い人でもあるようですが。伝記本を通して、当時の江戸の庶民というか、職人たちの暮らしぶりを覗き見ることができるのかもしれませんね。
Posted by Ken-U at 2005年12月04日 16:39
TBありがとうございます。「西洋画の技法を大胆にとり入れ」「画のタイトルに仮名を使い、それもアルファベット風に見えるように、文字を横向きに倒しながら書き込んでいる作品もあった」ところが私は粋な感じがして好きです。
Posted by 徒然 at 2005年12月04日 22:54
徒然さん、コメントありがとうございます。

遠近法も含めて、西洋画の技法を消化しながら北斎自身のスタイルを確立してるんですよね。その懐の深さには驚かされました。
Posted by Ken-U at 2005年12月05日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

上野で「北斎展」を、見てきました
Excerpt: 上野の東京国立博物館で開催されてる、北斎展に行ってきました。 この上天気のせいか、とにかく上野駅で降りるなり、一般の人々のみならず、遠足の小学生から修学旅行生から、わ??らわら。平日の午前中なの..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2005-11-10 08:45

上野の余韻
Excerpt: 今朝。ダンナさんから、「たしか、ブログには(入り口では注意事項として)500点と書いてあったけれど、300点じゃなかったlっけ?」と言われ、「やっぱりぃぃ?!(勘違いじゃなかったんだぁ)」 入り..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2005-11-10 08:47

北斎展
Excerpt:  上野の国立博物館「北斎展」を見に行く.その前に,上野公園ですれ違う人々を撮る.
Weblog: Heliograph(太陽の描く絵)
Tracked: 2005-11-26 16:53

北斎展やっと・・・行って来ましたぁぁぁっt。
Excerpt: え(絵?)ブログ 第18作でございます。 やっと北斎展行ってキマシタ。 混んでました。面白かったです。以上。 ぴよ子(仮)「それじゃイミないでしょっ。コドモの読書感想文でももっと長いよ。」 ..
Weblog: え (絵)??ブログ
Tracked: 2005-11-28 02:02

北斎展
Excerpt: 先日、混雑を押して上野の、北斎展にいってきましたよ。 晴れていて、青空に銀杏が美しかった!! でも銀杏が最も美しいときって、芳香も最も強いのです・・・。 まず、天気に恵まれた..
Weblog: ALEXANDERITE EYES WIDE SHUT
Tracked: 2005-12-04 14:12

北斎∞杉浦日向子著「百日紅」
Excerpt: 本日も懲りずに、また北斎です。 ---------------------------- 北斎を主人公にした漫画、杉浦日向子さんの「百日紅」を読みました。杉浦さんの描いた北斎は、家の中はちらかっし..
Weblog: 徒然なるままに
Tracked: 2005-12-04 15:05

「北斎 漫画と春画」
Excerpt: 「北斎 漫画と春画」  浦上満・永田生慈・林美一 他:著 ? 新潮社(とんぼの本)/1989.11.20/1,680円 『冨嶽三十六景』だけでは、北斎を わかったことにはならない。 ..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2006-01-23 15:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。