2008年05月18日

「ダージリン急行」 滑稽で哀しき旅

ウェス・アンダーソン監督 『ダージリン急行』 (恵比寿ガーデンシネマ)

原題:『THE DARJEELING LIMITED』

三兄弟はインドで再会を果たし、ダージリン急行で旅をする。

darjeeling_limited00.jpgそろそろ『ダージリン急行』のことをここに書き留めようと思い、その記憶をたどっていたら、なぜか芋づる式に町田康の『くっすん大黒』(過去記事)のことまでが思い出された。なぜ町田康が、とぼんやり思いをめぐらせてみたら、するとそのうち、たしかにこの『ダージリン急行』と『くっすん大黒』の間にはなにかしら通ずるところがあるのかもしれない、と思うに至る。どちらの作品も、なにか劇的な事件が起きるわけではなく、どちらかというと、些末で滑稽な物事の集積体のような世界が描かれているのだけれども、しかし摩訶不思議なことに、その幾重にも折り重ねられた滑稽な物事の隙間からある種の哀しみが醸し出されているのだ。それが馬鹿馬鹿しくて笑えてしまうのだけれども、その一方で、どこか哀しい。という意味で、この両作品は通ずるところがあるといえるのかもしれなくて、しかもそれはわたしの人生というか、わたしが身を置くこの世界ともよく似ている。

欠落を抱えた男がよろよろとしている。本作と『くっすん…』を結ぶもうひとつの共通点は描かれるディテールの妙味にあると思う。その中心に据えられているのは、何か大切なものを失った、あるいは深い傷を負った男がよろよろとする滑稽な姿である。中でも象徴的な描写をあげてみると、『くっすん大黒』でいえば、『なんとも歩きにくいことであるよなあ、って、砂浜。』という印象深いフレーズ。本作であれば、砂山の上でなにかしらわけのわからん妙なことをしてそこからあわててよろよろと降りてくる三兄弟の滑稽なあの様子である。とくに長男は、片脚を怪我しているうえに片方の靴まで失くしていて、そのよろよろ具合がことさら強調されていて、おかしい。しかも彼は、傷だらけである。おまけに顔面も包帯でぐるぐる巻きにされている。彼は、もう少しで死にそうなところまで追い詰められたのだけれどもなんとかぎりぎりのところで踏みとどまり、それからどうにかこうにかインドにまで辿り着いたのだ。しかしそれでも、自分の弟たちの前では虚勢を張ってみせたりしてなんとも滑稽な男である。

あと、ディテールといえば、オープニングとラストのあの光景が思い出される。このふたつの場面では、彼らが彼らの父親の記憶と決別する過程が示されている。オープニングでは、すでに走り出している列車に飛び乗ったあと、次男が振り返ってホームに取り残された初老の男をみつめる。その時、彼の瞳はどこか哀しげである。また、ラストでは、三兄弟がまたもや列車に飛び乗るのだけれど、そのとき、彼らは父親から譲り受けたスーツケースを放り投げてしまうのだった。取り残されてしまわないために、彼らは大事にしていたはずのあの父の形見を捨て去ってしまうのだ。オープニングとは違い、ラストにおいて彼らは、自らの意思で父的なものを捨て去り、列車に乗り込もうとする。ここで彼らは、彼らの父との決別を果たしたかのようにみえる。

とはいえ、父的なものとの決別ができるとしても、だからといってこの世にあの三兄弟の居場所が用意されたわけではない。彼らの前途はどう考えても多難である。鏡を見てみてもわかるとおり、あの傷が癒えるにはもうしばらく時間がかかると思う。わたしという存在はあまりに脆く、その魂は孔雀の羽根のようにふわふわとしていてなんとも儚い。しかし、それでも旅は続く。


この記事へのコメント
Ken-Uさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
Ken-Uさんが記事で指摘されているように、『くっすん大黒』と
『ダージリン急行』には、たしかに根底で相通じるところが
ありそうです。
「捨てる」という行為において、『くっすん大黒』は大黒様の置物、
『ダージリン急行』は形見のカバンと対応していますね。

これまでのウェス・アンダーソン作品は「父」の存在が何かと
クローズアップされたのですが、『ダージリン急行』のラストは、
それと決別するという、なかば自らの決意表明であるように
私は感じました。
このスタンスが、次回作以降にも何かの形で反映されるかも
しれませんね。
Posted by 丞相 at 2008年05月18日 23:50
丞相さん、こんばんは。

なるほど。ご指摘された「大黒様」と「形見」については考えが及びませんでした。どちらも作品の中心に据えられているし、重要な意味を持ってますよね。

この作品では、ラストでカバンを捨てた。丞相さんがおっしゃるように、この行為は次回作以降になにかしらの影響を与えるのではないかと予想しています。
Posted by Ken-U at 2008年05月19日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダージリン急行
Excerpt:  『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-05-18 08:59

『ダージリン急行』〜ウェス・ジャンクション〜
Excerpt: 『ダージリン急行』公式サイト 監督:ウェス・アンダーソン出演:オーウェン・ウィルソン エイドリアン・ブロディ ジェイソン・シュワルツマン アンジェリカ・ヒューストン ビル・マーレイほか 【あらすじ..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2008-05-18 23:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。