2009年07月26日

夏、味スタ

fc_tokyo09072501.jpg

7月25日(土) 晴れ時々曇り

珍しく、スタジアムに入るとすぐにビール。タンブラーいっぱいに生を注いでもらって550円也。よく冷えていて、内臓に沁みた。

試合は拮抗した展開が続き、それを打ち破ることができずに痛恨のドロー。でも、内容は悪くなかった。良質なサッカーをする広島を相手に、カウンターのリスクを考えるとそう無理もできなかったのだろう。しかも、後半に入るとあの広島が自陣に引き籠りゴール前を固めてしまったのだ。満足できる結果ではないけれど、中盤の奪い合い、潰し合いを堪能することもできたし、緊張の途切れないよい試合だったと思う。

しかしまあ、それでも敢えて難をいえば、長友のサイドアタックと城福監督の選手交代が残念に思えた。長友はやはり万全ではないのか、縦への仕掛けに乏しく、おそらくその影響があったのだろう、とくに後半は東京の仕掛けが右に偏りがちだと感じた。広島のレベルに勝ち切るには、左右が万全でなければ難しいと思う。また、城福監督の采配については、これはとても難しい判断を求められたと思うけれど、広島に比べると選手交代が後手にまわってしまっていたのが残念に思える。バランスのよいチームに手を加えるリスクは確かにあるのだけれど、夏の暑さ、連戦後の選手の体調面、観客の熱のことなども考慮すると、もっと早めに動く選択肢もあったと思う。というか、動いてほしかったなあ。

終了後は、下北下車。徒歩。立ち寄ろうと思っていた蕎麦屋が閉まっていたのでそのまま歩き、スーパーで食材を買って帰る。で、焼きそばとビール。例年にくらべ、今年は自宅でビールを飲む機会が増えた。


posted by Ken-U at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

熱気の味スタ

fc_tokyo09071201.jpg

7月12日(日) 晴れ時々曇り

ここ最近、石川が神がかっている。今日もそうだった。開始三分、前線でボールを持った彼は、そのまま相手ディフェンダーを引きずるようにドリブルを仕掛け、強引に右足を振り抜き、あっという間にゴールを決めてしまった。驚愕のゴールシーンであった。思えば、今季、彼がみせたゴールはどれもスーパーであった。もちろんゴール自体も素晴らしかったのだけれど、そのうえ、先制、勝ち越し、といった勝負を左右する貴重なゴールばかりだった。今日も、彼は価値ある先制ゴールを決めた。

ただ、好調なのは石川だけではない。彼自身が言うように、いまはチーム全体がよい状態にある。いまでは、春先のあの不調はいったいなんだったんだろう、と思えるほど質のよいサッカーをしている。当時、懸念していた選手間の距離の問題はもちろんのこと、ボールのないところでの動き、パスを受けるための動きも改善されている。なにより、選手が自信を持って活発にプレーしているところがよい。これもトレーニングの積み重ねによる賜物なのだろう。城福監督の手腕に敬服する。

とはいえ、まだ中盤で行方の曖昧なパスが目立つ。ここはもっと精度を高め、ボールを大切にしてほしい。あと、後半出場した田邉、彼のプレーをもう少し長い時間みてみたい。足元の技術に優れ、スピードもある。中盤でよいアクセントがつくれると思う。

今日は客入りもよかったけれど、それ以上に熱気が感じられた。これも連勝の効果なのだろう。石川が言うように、今日に限らず、この夏、熱く痺れるゲームが観られることを期待したい。僕もできるだけスタジアムに足を運ぼうと思う。
posted by Ken-U at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

二度目の国立は勝利、石川に感謝

fc_tokyo09062701.jpg

6月27日(土) 晴れ

仕事を終え、外苑前にて途中下車。19時半頃、徒歩にて競技場に到着した。一階の自由席はすでに満席だというので二階席へと向かう。疲れている体にあの階段は少しつらい。

東京は、前半こそボールをうまく回してよいリズムをつくっていたけれど、後半はいまいち。逆に、清水がチャンスをつくっていた。東京はリードしてからの試合の進め方にまだ甘さがあると思う。というか、カボレがあの一対一を決めて2点差にしていればもっと楽な試合運びができていたはずだ。

清水のサッカーは変化しているのかもしれない。以前は、堅守、速攻という印象が強かったけれど、この試合では、中盤でボールを保持しながら両サイドに振り、トップのヨンセン、原に合わせるというアプローチで、中盤の展開力では東京に及ばないけれど、効率の面では東京を上回るサッカーをみせたいた。だから、最後の最後まで結末がみえなかった。

が、その拮抗も石川がみせたあのシュートの背景にすぎなかったのだと思える。石川、すごいなあれは。ゴール前、彼がダイレクトで右足アウトにかけると、ボールは綺麗な弧を描きながらゴール左上隅ぎりぎりのところに吸い込まれていくのだった。直後、競技場は歓喜の渦。同点にされたときは千葉戦の悪夢が脳裏に甦ったりもしたのだけれど、その暗いイメージを石川が吹き飛ばしてくれたのだ。石川様様である。

夏の暑さの中、東京は目指すサッカーを90分間維持することがこれまで以上に困難になるだろう。とすると、この試合のように、後半、チームが省エネ指向になるのも仕方がないのかもしれない。なんてことを考えながら地下鉄で移動。帰宅前に近所の蕎麦屋に立ち寄り、カウンターでゆるりとしてうまいものを食べながら疲れを癒した。日本酒がとてもおいしかった。
posted by Ken-U at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

味スタ、無風

fc_tokyo09050902.jpg

5月9日(土) 五月晴れ

天気もよいし、陽に当たりながらビール、読書もいいなあと思い、味スタを目指した。

試合は無風。たしかに選手間の距離も改善され、パスも回るようになってはいたけれども、その先がなかなか。というか、平山がセンターに入っても期待薄だし、やや下がり目の位置でなにかと忙しそうな赤嶺がゴール前になかなか近づけないとなると、あとは石川の個人技に頼るしかないのだけれど、彼もそうしょっちゅう決めまくるほどの選手ではない。じゃあ誰がこの均衡を破ってくれるのだろう、と考えているうちに、終了。

結局、なにも起きなかった。羽生、梶山のポジションの修正はできたけれど、今度は、赤嶺の負担が大きすぎるのではないかと思う。なんかこう、全般的に低いんだよなあ、彼の位置が。プレーエリアが広がり、彼の周囲でボールが回りやすくはなっているけれど、一方、ゴール前が手薄になってしまっている。ボール回しを縦に切り裂き、ゴール前に迫る動き、相手を危機に陥れるためのアクションが決定的に不足していると感じる。決して内容は悪くないのだから、あと一捻り、意外性のあるアクセントがほしい。

この日、新しいふた付きタンブラーを購入した。が、座席のホルダーにうまく入らず。入り口のところにぐいっとやってどうにかしのいだのだけれど、それってどうなのだろう。で、本も自宅に忘れ、試合前は五月晴れの空を眺めながら、ぼんやりした。自分の将来のこと、死んだ歌手のことなどに想いをめぐらせたりして。
posted by Ken-U at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

味スタ GWはゲストとともに

fc_tokyo09050202.jpg

5月2日(土) 五月晴れ

この日はゲストを招いての観戦となった。そのゲストとは、約1年半振りに味スタに足を運ぶWさんと、去年、一緒に高尾に登った彼女の友人カップルの計三名。飛田給駅の改札前で合流し、スタジアムを目指した。

まず、待ち合わせでキャラを発揮したのはBさんである。改札前に現れた彼は、ジャケットをびしっと着こなし、その下には真っ赤なシャツとストライプのネクタイ、それにサングラスという出で立ちであった。背も高く、アフリカ系であるという特徴も手伝って、それはもう目立つ目立つ。僕とWさんはうけにうけた。

で、試合の方は、スタメンの入れ替えが功を奏したのか、あるいは前節の惨敗から選手たちがなにかしら学んだのか、東京が試合開始早々から攻撃的な姿勢をみせ、先行し、すがる大宮をどうにか振り切って、ぎりぎりな感じで勝利を得た。まずは梶山のポジションを下げ、羽生を上げるというあたりまえの修正をほどこしたのがよかったと思う。羽生は前線でよいアクセントになり、梶山も米本と分担しながら攻撃の起点となりえていた。が、この試合、結局のところは石川の個人技のおかげで勝てたのだと思う。とくに前半、あれだけ多くのチャンスをつくりながら決めることができないのだからなあ...3−0で試合を折り返すことは充分に可能だったし、そうなっていたらもっと楽に勝つことができたに違いない。

とはいえ、ゲストの前で勝つことができたし、彼らもそれなりに楽しんでくれたようでなによりだった。とくにWさんは、これまで10回以上味スタに足を運んでいながらこれが初勝利。彼女にとってもGWのよい記念となっただろう。その後、明大前で米国勢のふたりと別れ、国内組みは酒。気づくと深夜三時と深酒になり、タクシーで下北、それから上機嫌、鼻歌まじりに徒歩にて帰宅。夜風が心地よかった。
posted by Ken-U at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

初の国立で悪夢

fc_tokyo09041801.jpg

4月18日(土) 晴れたり曇ったり

いまさらあの試合を思い出したくもないのだけれども、いちおう観戦したので記録しておく。

この日、東京は大逆転負けを喫した。あんぐりした。前半、石川の個人技で先制点を奪ったものの、そのあとがぐだぐだと悪かった。というか、あいかわらず酷いサッカーだった。というかサッカーの体をなしていないというかなんというか...彼らは保持したボールを回すのではなく、とりあえず蹴る。で、ボールを追いかけてわいわい走り回るだけである。

この試合、せっかくワントップを採用したのにその効果がまったくみられなかったのはなぜだろう。たぶん、中盤の構成が悪いのだろう。つくづく、梶山は中途半端だなあと思った。

なにより寒い夜だった。寒かったけれど、それでも一杯だけビールを飲んだ。なので、ハーフタイムにはトイレに行った。でも要領よく動いたおかげでそれほど並ばずにすんだ。試合後は、歩いた。で、ぼうっと流れに身をまかせていたら間違って信濃町方面に出てしまい、交番で訊くと、道順はいいからとりあえずそこから電車に乗れという。でもいうことを聞かずにずんずん歩いてみたら銀杏並木。で、そのまま表参道、渋谷まで歩き、かき揚げうどんに五目御飯をつけ、たいらげ、それから地下鉄に乗り、また歩いて帰宅。シャワーを浴び、TVでサッカーをまた観て、これがサッカーなんだよなあなんて思いながら、気絶。と、突然目が覚めてみたら、ドログバ。また悪夢。
posted by Ken-U at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

カップ戦で味スタ

fc_tokyo09032903.jpg

下北で、今回はいつものピッツァではなく、タイ料理(グリーンカレー)のランチを食べて飛田給に向かった。カレーは酸味が強く、辛かった。

で、試合は大竹のワンプレーでなんとか勝利を得た。が、やはり内容が悪い。というか悪すぎると思う。本来、パスワークを軸とした攻撃サッカーを標榜しているはずなのに、彼らは肝心の中盤は省略ぎみ、自陣からFWめがけてハイボールを放り込む極めて退屈なサッカーに終始していた。選手の技術云々もそうなのだけれども、やはりポジションが悪いのだろう。そしてなにより選手が動けていない。判断が悪いのだ。

この試合、浅利が加わったことで中盤に落ち着きがもたらされた。次の試合も浅利と羽生、そして梶山がうまく中盤を構成してくれるといいのだけれど。さらに、その前方で大竹がプレーできれば彼ももっと活きると思う。中盤の構成。これが東京の大きな課題である。

もっと興奮する試合がみたい。僕は、分析のためではなく、快感のためにスタジアムにいるのだ。
posted by Ken-U at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

今年初の味スタ

fc_tokyo09032103.jpg

残念なことに、今年はJリーグの開幕戦を味スタで迎えることができなかった。しかも開幕以降、FC東京は2連敗と早くも危機的状況に陥っている。が、今日は俺が行くのだから勝つに決まっている、と強い心持ちで飛田給へと向かった。

で、試合は辛くも東京の勝利。どうにか連敗を脱出したのはいいけれど、いかんせん内容が悪い。とくに中盤のパスミスが目立つのは問題だと思う。これは選手個々の技術不足もあるにはあると思うのだけれども、それより選手それぞれの位置、それに選手間の距離が悪いせいではないだろうか。選手同士が離れすぎていたり、または近くにいてもパスを受けるための位置取りができていないようにみえる。だからパスを回せば回すほど窮屈になり、相手のプレスに負けてしまうのだ。これは選手個々人で解決すべき課題ではなく、選手を組織する立場にある城福監督が手をつけるべき問題だと思う。

今日のところはこの点を平山へのハイボールで解決しようとした。が、これは根本的な解決にはならないと思う。今後はキャンプを通して未消化だった部分、とくに中盤の連携を細かく改善してほしい。あと、カボレをもっと活かしてもらいたい。他の選手たちは、彼のほしいタイミング、位置でラストパスを送るよう努めてほしい。

とはいえ、今季初勝利を飾れたのはなにより。これから一歩ずつ改善できればと思う。あと、改善のひとつの選択肢として、カボレのワントップもありかなと思う。MFをひとり増やすことで、選手間の距離の問題については多少の改善ができるのではないだろうか。
posted by Ken-U at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

天皇杯2008 終焉

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (自宅にて)

準決勝 FC東京 vs 柏レイソル

fctokyo08122902.jpg終わった。しかも、リーグ最終節と同様、まさかの逆転負け。先制し、その後も幾度となく決定的なチャンスをつくりながら、それをものにすることができなかった。完敗である。TVで試合を眺めつつ、やっぱり国立に行くべきなのかなあ、なんて、前夜のお笑い番組との兼ねあいを考えつついろいろ皮算用していたら、あっけなく試合をひっくり返され、落胆。もう情けないことこのうえない。それにしても、フランサと李のあの素晴らしいゴールはいったいなんだったのだろう。なにもこの試合であんなプレーをみせてくれなくてもいいのに。とはいえ、勝利者である柏には素直に拍手を送りたい。

でも、悲観することはない。鈴木の先制ゴールはスーパーだったし、そもそもこの試合で東京がみせたサッカーの質は、それほど悪くはなかったのだから。大切なのは、これからなのだ。

***

準々決勝 FC東京 vs 清水エスパルス

出張中、TVのニュースで結果をみていたので、それほど興奮することはなかった。とにかく、赤嶺様々である。できることなら、彼には来季も東京でプレーしてほしい。その方が、プレーの幅が広がって彼自身にもプラスになると思う。まあ、これは僕の身勝手な考えにすぎないのだけれども。

*****

準決勝で負けはした。けれど、なにごとも経験。勝負事だから、勝ったり負けたりするのはあたりまえなのである。ただ、勝負がどちらに転んだとしても、それを財産にして未来につなげてほしい。とくに、今野にはもっとがんばってもらいたい。彼にはさらなるボールの展開力が必要だと思う。クラブでも、代表でも、そのスキルが大事になる。

今年はこれで終わってしまうけれど、来年も味スタ通いは続く。来季は、もっと興奮したい。わくわくさせてほしい
posted by Ken-U at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

TVでフクアリ

12月6日(土) 自宅にて

jef08120600.jpgどうしてしまったのだろう。カボレが決め、長友が追加点をあげるところまでは完璧で、こりゃあ三位でACL行きかなあ、なんて夢を見ていたのだけれど、その夢が、あれよあれよというまに散り散りに引き裂かれてしまい、やがて悪夢となった。最悪の大逆転劇である。終盤はまさに地獄絵図。いいように蹂躙されてしまった。

でも複雑な想いが頭の中でぐるぐるとしている。仮に勝っていたら千葉はJ2降格。しかも川崎が勝ったのでどのみち三位も逃していたのだ。まあ、負けたことでいろいろとまるく納めることができたのではないか、なんて考え直してみる。しかし、リーグがこんな終わり方だとちょっと情けないよなあ、とも思う。六位はちょっとどうか。それに、締まらない幕引きなのでなんだか後味が悪い。

しかし、今季は総じてよかったと思う。優勝争いに長く絡んだし、サッカーの質を改善することもできた。それになんやかんやいって、去年より高順位を得ることができたわけだからまずまずだと思う。若い選手が多いし、これから積み上げていけばいいのだ。欲張りすぎは禁物である。

試合後のフクアリ。巻の挨拶を聞いていて、思わずぐっときてしまった。あきらめさえしなければ、サッカーではすべてが起こりえる。2失点目のあとに味方を鼓舞する彼の姿を思い起こした。奇跡は起きるのだ。

まだ天皇杯が残っている。

posted by Ken-U at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

Derby Matchs in England +1

イングランド・プレミアリーグ 第14節

チェルシー vs アーセナル

arsenal08113006.jpgいい試合だった。隙のない両者の間でボールは破綻なくまわり続け、その様子はある種の永久機関を連想させた。というか、これは実況でもいってたけれど、この均衡、緊張が少しでも長く続けばいいと思った。しかし残念なことに、この世に永久なものなどありはしない。だからわたしの期待はいつも裏切られてしまうのだ。いや、わたしはその期待が裏切られることをずっと昔からわかっていて、しかしその裏切りの瞬間にほとばしる快感のために、それに気づかぬふりをしているだけなのかもしれない。

この試合の均衡を破ったのはファン・ペルシィだった。彼は、チェルシー守備陣のわずかな綻び、というかそもそもそんなものはどこにもなかったのかもしれないけれど、とにかく目にも留まらぬ一瞬の動きで均衡の壁を乗り越え、この時空を見事に切り裂いてみせたのだ。悦びの爆発。一方、組織を崩されたわけではないチェルシーは負けた気がしないのではないか。だからきっと悔しさが倍加しているに違いない。天国と地獄は紙一重だと思う。

***

マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド

ルーニーが決めた。ユナイテッドは強かった。それにしてもロナウドのあれはいったいなんだったのだろう。レフェリーもあれだけれど、ロナウドもなんだと思う。


*****

リーガ・エスパニョーラ 第13節

セビリア vs バルセロナ

驚いたのは強豪セビリア相手でもバルサが圧倒的に強いところで、序盤こそ強い圧力を受けペースを掴みきれてなかったけれど、時間とともに彼らは「らしさ」を発揮し、ついにセビリアを圧倒するにいたった。いまのバルサにはあの頃と別種の強さがある。

*****

これから夕食をつくり、食べながらセビリアvsバルサの後半。深夜にはアーセナルを観る予定。でもきっとその前に眠ってしまうと思う。
posted by Ken-U at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

TVで味スタ ホーム最終戦

11月30日(日) 自宅にて

悔しい。たしか2004年以来、味スタのホーム最終戦はずっと現地で観てきたと思う。けれど、今年はそれができなかった。会社のせいだ。みんな会社が悪いのだ。

fctokyo08113003.jpg正直、内容はいまひとつだった。まあ優勢ではあったけれど、決めきれないし、脇の甘さを突かれて反撃をゆるしひやっとさせられることもありはらはらというかいらいらした。重圧もあったのだろう。選手の動きがぎこちなくみえる場面もたびたびであった。

でもそれもこれもよい経験だと思う。シーズン終盤でこんなに白熱した試合ができるなんて、正直、開幕前には予想してなかった。組織が大きく変わるし、内容を濃くしながら去年と同じかちょっと上くらいの順位がキープできればいいかなあ、できれば首位争いに多少でもからむとうれしいなあなんて思ったりしていたのだ。上出来である。順位はまずまず。内容の方も、目指すレベルに達するにはまだ距離があるけれども、去年までのことを考えればずいぶん改善されたと思う。それに、城福監督のキャラもいい。試合後の挨拶の様子をネットでみたけれど、とてもいい挨拶だと思った。

で、この試合はというとやっぱり平山が蓋になっていて不満だったり、せっかく先発したエメルソンが活かされずにいらいらすることもあったけれど、途中出場の大竹がつくり赤嶺が決めてくれたのでまあよしとする。あと、梶山の不在を感じさせるようではまだまだだと思う。

城福監督のいうとおり、まだACLの可能性がわずかながら残されているし、天皇杯もある。可能性がゼロになるまでベストを尽くし、もうしばらくの間はらはらさせてほしい。でもやっぱりフクアリは難しいのかなあ...

今年味スタに足を運んだ回数:9回
posted by Ken-U at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。