2008年11月25日

TVでホムスタ

11月23日 夜、自宅にて

高尾から青山経由で帰宅後、録画しておいた東京の試合を観る。

fctokyo08112302.jpg内容は明らかに負けていたけれど、よく同点まで持ち込めたと思う。その意地の部分は評価できる。でもこの引き分けで優勝争いから脱落したのだから、残念といえば残念だ。とはいえ、この32節まではらはらできたのはよかった。あとは、ACL出場という目標に切り替え、別のはらはらができればと思う。

で、梶山。彼は判断力を成熟させる必要がある。自分でなんとかしたい、という気持ちはわかるけれど、それが完全に裏目にでてしまっている。だから、もっと球離れをよくして周囲をつかうとか、あえてオトリになるとか、ほかにもっとよいやり方はあると思う。彼の場合、今回の失点のきっかけは高い位置でのボールロストだったけれど、それ以外にも低い位置でボールをこねくり回しているうちに奪われてしまうケースも目立つし、ここの判断を改善しなければ組織が停滞してしまう。連動性、流動性が失われてしまうのだ。あと、次節の平山はベンチスタートでいいだろう。そもそも、CFは得点が期待できなければ駄目だと思う。

とにかく、新潟戦は前向きにがつんといきたい。


posted by Ken-U at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

万博記念競技場、TVにて

11月8日(土) 昼、自宅にて

fctokyo08110802.jpgここのところ、東京の調子がいい。きゅっとしまったサッカーをしている。新たにACLという目標を定め、充実しているのだろう。みな懸命だし、結果もついてきている。この試合も、ガンバの技術に翻弄され、引き下がるところもあったけれど、そこをなんとか踏みとどまり、逆にカウンターをしかけたりしながら、最終的には勝利を得ることができた。

この試合でとくに目立ったのは石川。彼は、課題とされていたディフェンスに走り回りつつ、得意の攻撃にも顔を出し、決定的場面に絡んでアシストとゴールを決めた。あの献身と躍動は素晴らしかった。

あと、平山は、スタメンはちょっとどうかなあとまだ思っていたりするのだけれども、この試合に限っては、ゴールも決めたし、そのとき解説がシュートの振りが速かったと褒めていたのでまあよしとする。でも本当は、平山ではなくそこでプレーする赤嶺、あるいはエメルソン、鈴木達也がみたい。

残り三試合で首位と勝ち点三差。まだまだ楽しむことができる。が、ホームはあと一試合のみ。しかもこの日は出勤の可能性が!そのかわりにフクアリに行くことも考えているのだけれど、チケット完売の噂も。これはまずい、どうしよう。
posted by Ken-U at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

味スタではなく、TVにて

10月26日(日) 夜、自宅にて

fctokyo08102603.jpgこの日は味スタに行けなかったので、TVで試合を観た。しかも録画観戦である。でも、燃えた。おそらくというか間違いなく、これは今季のベストゲームだと思う。なにより選手たちのハートがよかった。なんでも、トーチュウのウェブサイトによると、試合前、城福監督は選手たちに向けて、試合開始から60秒で「おのおのが最低1度、アグレッシブなプレーを見せろ」と指示したという。男前なかっこいいエピソードである。

試合はあたかも優勝決定戦のごとくであった。ブラウン管を眺めているうちに、もう結果はどちらでもいい、とさえ思えた。勝敗を超越したなにかがはたらいている。きっと、そのとき味スタには、よい試合に特有のあの密な空気が充満していたのだろう。こうした試合の場合、多くはセットプレーで勝敗が分かれたりスコアレスで幕を閉じたりしがちなのだが、この試合は違った。両チームあわせて5得点も入り、最後の最後までハラハラさせられてしまったのである。現地はさぞかし盛り上がっただろうなあ。ちょっと残念なところもあるにはあるのだけれども、しかしサッカーは続く。今回に限らず、これからもこうした興奮を味わえるよいスタジアムになってくれればと思う。

今節終了時点で首位とは勝ち点差5。難しいが、可能性はゼロではない。
posted by Ken-U at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

二日休める週末の初日に味スタ

fctokyo08100401.jpg

10月4日(土) 秋晴れ

今週末は久しぶりに二連休。で、味スタへと向かった。

まず、スタメンがよくなかった。欠場の羽生に代えて梶山を上げ(?)、右に石川を入れてエメルソンがベンチ、という前線の構成には疑問が残る。バランス重視、ということなのかもしれないけれど、結局、梶山は羽生の代役を担わず、いつものように中盤の下がり目の位置から東京の攻撃を傍観した。そのため、かえってチームのバランスが崩れてしまい、東京のサッカーから流動性が失われたのだと思う。前の三枚だけで崩せるほど清水の守備は甘くないのだ。縦に動けるMFが必要だと感じた。だからなのか、浅利が梶山を追い越して上がる場面もあったのだけれども、それでは不十分で、悲惨な状況のまま前半を終える。

しかし後半、エメ、大竹が投入されたところから流れががらりとかわる。で、おおこれはひょっとするとひょっとするのかもしれないなあ、なんて甘いことを考えわいわいしていたら平山が出てきて、消沈。なぜ、リードされていてあと2点以上とらなければならない状況で平山なのだろう?ここではせめて鈴木達也を入れて欲しかった。で、戸田のゴールというおまけがついて試合終了。戸田に拍手。

とはいえ、リーグ戦は続く。2週間後にはアウェイで大分、その翌週は鹿島がやってくるのだ。上位との対決。山場である。この難関をどうにか乗り越え、リーグ終盤まで優勝争いにとどまっていて欲しい。もうしばらく盛り上がっていたい。
posted by Ken-U at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

帰国してすぐに味スタ

fctokyo08092303.jpg

9月23日(火) 晴れ

朝、成田着。まだ空の上を飛行中だというスーツケースを受けとるための手続きをすませ、だし茶漬けとやらを食べて、帰宅。シャワーのあと、2時間だけ仮眠をとるつもりが4時間になり、あわてて外出。ずるずるとラーメンを流し込み、味スタを目指した。

赤嶺の不在、平山の先発でどうなることかと思ったけれど、カボレがよくあそこで決めてくれた。エメルソンのパスも絶妙で素晴らしかった。しかし、平山は駄目だ。まず、シュートの脚の振りが大きい。ヘディングも、頭に当てることはできるのだけれどコントロール不足。だからボールがあらぬ方向に飛んでしまう。で、あせると判断の視野が狭くなり、ひとりでこねくりまわして悪循環に陥る。彼にはなにかが欠落していると思う。あと、石川と梶山は自陣での不用意なミスがあるのがまずい。これは上位進出の妨げとなる弱点だと思う。

fctokyo08092304.jpg

とはいえ、大勝である。石川も、ミスの穴埋めをする活躍をみせたからまあいいとしよう。締めに出てくる鈴木達也も気持ちの入ったキレのあるプレーをみせてくれた。なので、この勝利は素直に喜びたい、というか、現地ではずいぶんと喜ばせてもらった。体はへとへとだったけれど、時差ぼけ対策も兼ねて行ってみて本当によかった。

その後、近所のいつもとは違う蕎麦屋で夕食。最近、夜の営業も始めたというこの店で注文したのが秋茄子のしぐれ煮。これが絶品。日本酒をちびちび呑みながら、天婦羅、せいろと進む。秋を味わいつつ、勝利の宴。

その後、自宅にてスーツケースを受けとる。若い女性がふうふういいながら運んできたので少し驚き、重かったでしょう?と訊ねるが相手は事務的な会話に終始。ああなるほど、俺は日本に戻ってきたのだ、とここで実感。明日からまた殺伐とした日々が始まる。
posted by Ken-U at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

味スタ 久しぶりの勝利は逆転

fctokyo08091301.jpg

9月13日(土) 曇り

白金で高木正勝を観て、それから飛田給へ。

ここのところ、ただでさえ気分が低調なのに、観ていてさらに気が滅入るような前半だった。浦和戦同様、東京の選手たちはパスは回すのだけれどもその先がない。で、結局はエメルソンに渡してあとはおまかせ、あるいは裏にポンと出して終わり、という情けないサッカーをしている。しかもそうなると、相手は自陣のスペースを消しつつそのエメルソンを狙ってくるので、そこで繰り返しボールを失い、反撃をゆるし、そして窮地に追い込まれて、というパターンを繰り返すことになる。そうしてその挙句には、隙を突かれて無様な失点、という最悪の状況に陥ってしまう。半ば、必然的な悲劇である。で、そのまま前半終了、ブーイングの嵐。

しかし、ハーフタイムのICU・ラテンアメリカ音楽愛好会の方々によるサンバのリズムが状況を一変させた。いや、正確には、後半開始から投入された石川がチームのリズムを変えてくれたのである。彼はリスクを負い、繰り返し仕掛けた。彼は、均衡を破るにはなにかしらの冒険が必要である、という事実を知っていて、それを実践したのだと思う。そしてさらに、大竹の投入。じつに久々の登場である。んでもって、このふたりがいろいろとやってくれて、スタジアムは大いに盛り上がり、そして逆転。イケイケ・モードへ突入後、新入りの鈴木達也の顔見せもあったりして、さらに駄目押し。という愉快な展開となった。考えてみれば、消沈、その後、サンバ、狂乱、半裸の女たち、そして突破、同点、逆転、イケイケ、顔見世、駄目押し、と、みるみる気分が高まるじつによくできた試合だった。ビールたったの一杯でもうくらくらである。

fctokyo08091302.jpg

その後、下北から徒歩。それから近所のいつもの蕎麦屋で食って飲んでクールダウンさせて、帰宅。やっぱりサッカーはスタジアムで観るものだなあ、と痛感。
posted by Ken-U at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

久しぶりの味スタは散々

fctokyo08081601.jpg

8月16日(土) 曇り時々小雨

この日は、よほどのことがない限り味スタに行こうと思っていた。しかしなんの因果か、天気予報は雨。しかも台風などの影響で夜間は豪雨になるという。にもかかわらず、今回は強行しようと思った。ここしばらくの間、中断期間があったり雨が降ったり出張が入ったりして、考えてみるともう二ヶ月以上、味スタとはご無沙汰だったのだ。この間、チーム状態は下降線をたどり、気づいてみるといつもの中位。かつ、まだ底のみえない状況が続いている。ここはひとつ、今季まだ敗北を喫してない縁起のいいおれが参上しなければ、と思った。敗北のリスクの高い浦和戦にあえて強行して、かつその困難を乗り越え、とびきりの勝利を得たいと考えたのだ。そうすれば、さぞかしビールもうまいだろう。

しかしもうがっかりだ。あの五輪代表男子のような閉塞サッカーはいったいなんなのだろう。選手たちはあたりさわりのないプレーに終始し、攻撃にともなうリスクは今季チームに合流したばかりのカボレ、エメルソン、羽生になすりつけようとする。だからサッカーが単調になってしまうのだ。平山は彼なりにがんばっていたと思うけれど、あれでは不十分だし、活かされていない。城福監督は、なぜカボレ、平山の前線にこだわるのだろう。梶山の途中出場といい、これは単なる温情采配ではないのか、という疑問が頭の中でとぐろを巻いた。そしてさらに、東京タンブラーをスタジアムに忘れて帰るというおまけつきである。ただ、そんな散々な中でも、豪雨をまぬがれて帰宅できたのが唯一の救いだった。

次節は国立でダービーマッチ。しかも、長友が代表に追加召集されたため不在となる。東京の危機はしばらく続きそうだ。
posted by Ken-U at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

味スタ 今季2度目のダービー

fctokyo08052500.jpg

5月25日(日) 雨のち曇り

正午くらいまでに雨が上がったら味スタに行こう。と思っていたら、本当に昼には雨が上がったので急いで着替え、バッグにいろいろ放り込んで部屋を出る。昼食は下北でいつものピッツァ・ランチ。今日はグラスの白ワインをつけた。

本日は今季二度目のダービーマッチ。東京は、代表に今野、長友、梶山といった主力選手を奪われ、正直、この試合はいったいどうなるのだろうかと心配していたのだけれど、久々に先発したブルーノがやってくれた。試合開始早々の2分、ここで打て、と思ったら本当に打ってそれもファイン・ゴール。残像が脳裏に焼きつく素晴らしいミドル・シュートだった。これでチームは俄然勢いづき、その後も決定機を幾度となくつくりだして、本来ならば前半だけで3-0にはできるくらいの猛攻をみせたのだけれど、しかし追加点を挙げることはできなかった。このぐずぐずにより試合は少し難しい状況に陥る。

後半。やはり得点を奪えず、閉塞状況が続く。けれど、それでも慌ててばたばたしたりしないのが今年の東京のよいところだと思う。軸がしっかりとしている。とくに、カボレ、エメルソン、佐原が安定しているのがよい。そこにブルーノ、羽生がうまくからみ、中盤を支配することができていた。その後、終盤に追加点を重ねて盛り上がることもできたし、高揚感のあるよい試合だったと思う。

試合終了後も席に残る人が目立った。みな興奮していたのだろう。夕飯は豚肉の生姜焼き。新玉ねぎを一緒に炒めた。それに新じゃがのオーブン焼きを添える。味噌汁の具はほうれん草の残り。新玉ねぎは甘い。
posted by Ken-U at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

エコ、そして味スタ

fctokyo08042902.jpg

4月29日 (火) 晴れ

友人夫婦の誘いにのり、昼前から「世田谷ものづくり学校」のイベント「IID GREEN DAY」に行く。この施設には前々から興味があったのだけれどこれまで行く機会がなくて、この度をもってやっとデビューすることができた。エコロジーがメイン・テーマであるらしいこのイベントには多くの人たちが訪れていて、企画も多種多様でとてもにぎわっていた。ぼくは、友人(嫁)とふたりでフィンランドのなべ敷き(link)を作成。木の端材をやすりで磨いて革紐を通すだけのとてもシンプルなものなのだけれども、やすりがけに没頭できたのがよかった。木の表面は、磨きがかかるほどになめらかになっていく。その後、ほかの部屋をまわり、友人に弁当をごちそうになって、体育館で卓球、ライヴ鑑賞。卓球に負けたのがなによりくやしい。けれども音楽はなごんだ。友人の息子(2歳)が真面目に音楽を聴き、曲の合間に拍手をするので驚く。子供はすくすくと成長する。

その後、ひとり味スタへ。

赤嶺のあのゴールは素晴らしかったけれど、試合内容には不満が残る。大分は最終ラインをやや浅めにしてコンパクトな陣形をとり、中盤のスペースを消して東京のパス回しを殺しにきたのだけれど、ナイーヴな東京の選手たちはその術中にまんまとはまってしまう。とくに前半、パスの出しどころがなくてあわあわするうえに栗澤がサイドに流れてしまったりで、彼らはなにかとぐずぐずしがちであった。そんなときは、相手の最終ラインの裏にボールを出せばいいのだ。見ると、カボレも赤嶺も裏に抜ける準備をしている。しかし、それがなかなかできない。梶山などは、中盤でボールを持つとくるくるしたり、低い位置でサイドチェンジをして拍手をもらったりしている。けれど、それだけでは局面を打開できないと思う。その出口なき閉塞状況にぼくはじりじりした。

しかし後半に入ると状況が一転する。城福監督の指示があったのか、相手最終ラインの裏にいくつも縦ポンが入るようになったのだ。そのおかげでカボレに決定的なチャンスが何度か訪れたり、さらに大竹の投入でスタジアムが沸いたりもしたのだけれどもゴールには至らず、残念。しかし今日は負けないサッカーを目指した部分もあるのだろうからよしとしよう。なにしろ卓球とは違って勝ったのだから。夕飯はチャーハン。具は鱈と新たまねぎ、それにセロリを選ぶ。手製の鍋敷きがさっそく活躍した。
posted by Ken-U at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

味スタ 興奮の多摩川対決

fctokyo08042007.jpg

4月20日(土) 曇りのち雨

先週に続き味スタ。またもや川崎のクラブとの試合である。フロンターレとの対戦は、去年から「多摩川クラシコ」と名づけられていて、しかし実際のところは、「クラシコ」と呼べるだけの歴史も因果もないのだけれども、一昨年の大逆転であるとか、昨年の惨敗、大敗であるとか、ダービー・マッチとはまた違った強烈な印象を残す試合が多い。傾向として、捨て身の殴り合いになりがちなカードである。

今回の試合も、両チーム計6得点の殴り合いとなった。その口火を切ったのは川崎。その後、東京は追いつくけれども引き離され、しかしまた追いつき、後半には逆転。さらに、駄目押し。と、見事な逆転劇を演じた。この試合の主役はやはり大竹である。彼が投入された後半18分、スタジアムは逆転の期待に大いに盛り上がったのだけれども、その直後、彼の左足から繰り出されたボールはバックスピンによるループ気味の緩やかな軌道をたどり、フロンターレのゴールネットを揺らした。そしてスタジアムは大爆発。雪崩。絶叫。天国と地獄。ぼくはゴールと大竹とを結ぶ線の延長線上に着席していたでそのシュートコースがよくみえたのだけれど、コースがあいた瞬間、躊躇なくシュートを打つ大竹はつくづく素晴らしいと思う。しかしもっと素晴らしいのは、今回の勝利が大竹個人の技芸によってもたらされたものでは決してなく、チーム全体のグルーヴがその土台にあるという点にある。とくに、浅利、長友、カボレによる貢献が目立った。それに、少し危なっかしいところもあったけれど、佐原もよく踏ん張った。

しかし修正すべき点も多々ある。とくに中盤。攻撃に参加する選手としない選手の落差が大きすぎるのだ。だから攻めが単調になる場面が多いし、実際、ビルドアップを左サイドの長友個人に頼りすぎていると思う。また、その落差のため、ミッドフィールドにぽっかりとスペースができ、そこでカウンターの起点をつくられる場面が目立つ。今野、梶山の動きがまだ足りないのだ。パス&ムーヴの基本がまだ不足していると感じる。最終ラインも含め、攻撃時にコンパクトな組織を維持してチームとしての連係、さらには流動性を高めなければ標榜する「ムーヴィング」なサッカーにたどりつくことはできない。それに、2点リードしてからの消極性はいただけなかった。とはいっても、新チームはまだ始動したばかり。これから先が楽しみだなあと思いながら外に出たら雨。わずかながら差していたあの太陽の光はどこへ消えてしまったのだろう。ジャケットの襟を立て、そのまま濡れながら歩いた。
posted by Ken-U at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

味スタなのにアウェイ 東京ダービー

fctokyo08041200.jpg

4月12日(土) 曇り

約1ヶ月ぶりの味スタは味スタなのにアウェイ。どこか違和感がある。ぼくが味スタに足を運ぶようになったのは東京にはFC東京しかクラブがなかったからで、つまりヴェルディはぼくにとって東京のクラブではない。なので、今回は緑色に染められたゲートを抜け、アウェイ側を回りながらバックスタンドまで歩いた。

試合は、開始から20分くらいまでは雑な蹴り合い。自陣でボールを奪ってもうまくビルドアップできない状態が続く。とくに攻撃の際、ツートップは孤立気味だった。その後、流れはやや落ち着いたが、落ち着くというより沈滞、閉塞といった印象。そうこうしている間に事故的な失点。あのフッキのFKにやられてしまった。

しかし後半16分に試合の流れが大きく変わる。大竹の投入である。いまや東京のメッシ的な存在である彼はやはり素晴らしいと思う。開幕前からファンの評価は高かったけれど、そうはいっても18歳、過度な期待は禁物である、と考えていたぼくもいつのまにか大竹に依存してしまっている。この試合も彼の投入以降、約30分間は東京の猛攻が続いた。すぐに同点に追いつき、それからは決定的なシーンの連続だった。しかしここは東京らしいといえばそうなのだけれどもなかなか決めることができない。なので、つい跳び上がってガッツポーズをとりそれが空振りになって頭を抱えながら着席、みたいな滑稽な姿を何度となくさらさなければならなかった。しかし不思議と勝利の確信はあったし、その根拠なき確信は周囲にも広がっているようだったしで、もうこうなったらイケイケである。スタンドは声と手拍子で選手たちを煽り続けた。そして終了間際に大逆転。爆発的な歓喜。絶叫。スタンディング・オベーション。羽生の慣れないシャー。長友のでんぐり返しがぐるぐる。またぐるぐる。

とてもよいダービーマッチだった。大竹を筆頭に、羽生、長友、佐原、怪我で欠場中のエメルソンも含め、新加入の選手たちが大いに東京を刺激していて、それがチーム力の向上につながっているように思う。一方、ベテランの浅利、藤山もチームを引き締めていて、とくにこの試合、パスを出したあと猛烈なフリーランニングでオーバーラップを仕掛ける浅利の姿には静かに興奮した。これからカボレ、ブルーノのコンディションと周囲との連係が向上し、怪我の石川、近藤が復帰すれば、さらなる躍進が期待できる。城福監督は就任1年目にもかかわらずとてもよい仕事をしていると思う。なんてことを考え、長友のでんぐり返しを横目に見てにやにやしながらスタジアムを後にした。やっぱりサッカーはスタジアムで観るにかぎる。夕飯はメカジキのソテー。塩コショウとオリーブオイルだけでシンプルにいただく。
posted by Ken-U at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

味スタ 2008年シーズン開幕

fctokyo08030801.jpg

Jリーグ開幕。

昨年のホーム最終戦以来、三ヶ月以上もスタジアムから遠ざかっていたのでこの日がとても待ち遠しかった。思い起こせば、この三ヶ月の間にいろいろなことがあった。監督が替わり、多くの選手が入れ替わって、FC東京は半ば別のチームに生まれ変わったのである。

その緒戦。前半の前半こそはぎこちないプレーぶりだったけれど、その後は予想以上によいかたちが出せていた。城福監督が意図するサッカーの片鱗を垣間見ることができたような気がする。新人の長友が先発するというので去年のこともあるし心配したのだけれど、まあいろいろあったけれど、まずは無難にこなせていたと思う。ほかの新加入の選手でいえば、エメルソンもよかったし、とくに羽生とカボレはチームに大きな影響を与えていた。豊富な運動量を背景に前線に飛び出すことのできる羽生と、前線で存在感を発揮しながら決めることのできるカボレ、どちらも東京には欠けていたタイプの選手であるので、これからが楽しみである。そのほかにも、平山はきっちりポスト役をこなし、徳永は度々右サイドを個人で突破して、石川は雑なところがあるとはいえ活き活きと躍動していた。城福監督は、パス&ムーヴであるとか、基本的なトレーニングが欠けていた東京に、サッカーをするうえで必要不可欠な諸々の要素を注入してくれることだろう。

結果は不充分だったし、課題も多く感じられた。でも、今後に期待が持てる。周囲の席に陣取っていた人たちも、この試合から同じような印象を受けていたようだ。帰り際、5ゲームスチケットを購入した。今年も味スタに足を運ぼうと思う。
posted by Ken-U at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。